トップレベルの英才教育!イギリスで語学留学

イギリス

プラスアルファの価値

冒頭から極論になりますが、日本国内でも十分過ぎる程、英語を徹底的に学べる環境が整っている事に、異論は見当たりません。
それが実践可能な環境さえ整えば、1日24時間英語に没頭するライフスタイルの継続も十分可能です。
日本語一切禁止の語学学校への通学や、オフタイムも自ら積極的に英語に触れる事で、語学留学の主たる目的の「徹底的に英語を学ぶ」は実践出来ます。
それでも敢えて相応の費用を負担の上、海外へ飛び出そうと考える以上、そこに何らかのプラスアルファの価値を見出しておられるのでしょう。

やはり公用語が英語の環境に身を投じる事で、机上の学習やレッスンを通じた英語では無い、生きたコミュニケーションツールとしての英語を修得出来る期待値が高まります。
通貨を始めとする日常生活のアイテムも日本とは違い、自身が日本人であるという事実を、時に客観的に捉え、あるいは忘れるべき場面にも遭遇出来るでしょう。
多国籍の学友や周囲の人達の中に飛び込む事で、国際的視野で物事を捉えられる感性も磨かれます。

そして何より、語学留学先として世界レベルで評価される教育機関への編入となれば、日本語で表現するところの「泊がつく」のも紛れもない事実であり、大きなメリットです。
世界的にトップレベルの教育環境で英語を学んだという「経験経歴」が「証明」されれば、それが就職活動など皆さん自身をアピールする際の、大きな武器となる点は見逃せません。
そして何よりイギリスはそうしたトップレベルの語学留学が叶う渡航先として、既に十分周知されている訳ですから、こうした視点からも外せない候補地として、着目されて当然なのです。

イギリス英語の特徴を踏まえて

語学留学を本腰を入れて検討中の方々なら当然ご承知の通り、私達が普段慣れ親しみ、ビジネス上で用いらる英語はいわゆる「アメリカ英語」であり、イギリスの英語とは細部で色々な違いが見られます。
発音やイントネーション、更にはスペルや一部文法上の違いなど、日本国内の机上の英語の筆記試験では、時にイギリス英語が「間違い」と採点されるケースも見られます。
留学レベルで英語を駆使される方々であれば、ご自身で即座に使い分けられて当然の範疇の違いですが、やはり中長期的にイギリス英語と取り組めば、特にイントネーションなどはアメリカ英語から離れて行って当然です。
「自分はイギリス英語を徹底的に学んでいる」との意識を頭の片隅から話さず、最高レベルの英語教育を全身で受け止め、ご自身の英語力のブラッシュアップを叶えていただければベストです。

Related posts