お金のエキスパート資格

bill035

ファイナンシャルプランナーとは

最近よく聞く資格にファイナンシャルプランナーという資格があります。
何かお金のことに関しての資格?くらいで具体的にどのような資格なのかわからないという方も多いのですが、実際どのような資格なのでしょうか。

ファイナンシャルプランナーというのは、確かにお金に関係する資格です。
例えば現金、預金、さらに株式などのお金、税金や融資の費用、借入金、お金といっても様々なものがあります。
こうしたお金に関係するもののうち、税金の相談や教育にかかる費用の事、さらに相続や老後の生活費について、様々な事に関してアドバイスを行う資格がファイナンシャルプランナーです。
仕事は、ライフプランニング、さらにそれに沿った資金計画、金融資産をどう運用するか、さらに税金に関するプランニング、リスクに関する管理、不動産や相続、事業継承などに関する事が多いです。

幅広い可能性を持った資格

ファイナンシャルプランナーは企業に属して働くことも可能ですし、独立して企業、個人からの相談に乗る立場になる事もできます。
またお金に関するエキスパートとなりますので、自身の生活に役立てる事も可能です。

生活に密着した分野が多いのがファイナンシャルプランナーです。
例えば、結婚してから保険に加入すればいい?住宅ローンはどれを選ぶのが適切?貯蓄や投資について詳しく知りたい、教育費ってどのくらいかかるのかなど、こうした日々の生活に密着した問題を解決していくのがファイナンシャルプランナーです。
そのため、その知識を活かし、自分の家庭に活かしていくこともできるのです。

ビジネスに役立つ資格

銀行、保険、証券などに関しても知識を持っていますし、不動産や住宅ローンに関しても知識を持っています。
という事は、幅広い企業に対し、就職のチャンスがあるという事になります。

転職や就職を考えている方の中で、これまでまったく関連のない仕事をしていた方が、ファイナンシャルプランナーの資格をとって、転職に活かしたという方も多いです。
この資格を持っていることで、様々な業務に役だつ知識をもった人材としてみてくれるので、企業への雇用チャンスも非常に多くなるのです。

ファイナンシャルプランナーのレベルアップ

ファイナンシャルプランナーはレベルがあります。
いつか独立したいと思う方は、より高いレベルの資格取得を目指していくことが望まれます。

さらに個人として生活の安価に活かしたいという事なら、AFP、実生活や仕事に活かせるレベルを取得すればいいでしょう。
どのようにこの資格を利用していきたいのか、活かしていきたいのかを考慮し、企業に転職を考える、独立を目指すなど将来の目標を持ちながら資格のレベルアップを図っていきましょう。

Related posts