介護のエキスパート資格

fq036

高齢化の中で求められる資格「介護福祉士」

日本では少子高齢化が社会の中でも大きな問題となっていいます。
そんななか、介護のスペシャリストである介護福祉士の資格は、転職などでも需要が高く、今国内で最も必要な資格ともいわれているほどです。

高齢の方、また体が不自由な方の介護に関して、技術、知識を持ち、入浴や車いすでの移動補助、また身体介護を行う、そして、介護をされているご家族の相談などにも応じる介護のプロです。
こうした介護福祉士の存在は、ご家族の中に介護者がいるご家庭にとって、大きな頼り処となっています。

介護福祉士の仕事

介護福祉士の仕事は大きく三つに分けることができます。
一つは身体介護です。
食事や入浴、トイレのお世話、車イスでの移動など、生活の中で必要時、補助を行います。
次に相談や助言です。

介護サービスを利用されるご家族、また介護を受ける本人から介護サービスなどに関する相談を受け、必要に応じて助言、サポートを行います。
最後に生活支援です。
介護が必要な方、そのご家庭の中で食事を作ったり、清掃をするなど、身の回りのお世話をする仕事です。

指導という立場に立つこともある

介護福祉士の資格を保有されている方は、介護を必要とされる方のご自宅に伺い、自宅介護のサポートなども行います。
その際、ヘルパーとして働く後輩たちに、介護の仕事に関するサポートを行ったり、専門技術の伝達を行うという事も、介護福祉士にとって重要な仕事です。

人材が足りていないという状態の中、こうした仕事をしたことがない未経験な方に関しても、丁寧に指導しなければなりません。
対人という現場になるため、介護を受ける方の気持ちに沿った介護の始動が必要です。

介護福祉士の働く場所は広がっている

介護福祉士は介護施設はもちろんの事、病院、また公的な施設で働くこともあります。
またご自宅で介護を受けている方もいらっしゃいますので、その場合、訪問介護も行います。
最近は有料老人ホームもかなり多くなってきているので、こうした民間の老人ホームへの就職も多くなっています。

介護福祉士の資格を保有していることで、介護の上級者として認められます。
そのため、転職就職の際に役だつという点もありますし、様々な職場へ就職の機会があります。
介護福祉士の資格を取得する事で、職場において待遇面で優遇されることもありますし、改善なども期待できます。

こうした介護福祉士になる学校や通信講座なども非常に多くなっていますので、介護職に就くという場合、介護福祉士の資格の取得を目標に、頑張っている方が多いのです。
この先、さらに需要が拡大されていくことが必須です。
介護のプロ知識、技術を持った人材育成が求められます。

Related posts