女性に人気の医療資格

pocketbook_00

医療事務は働く女性に人気の資格

病院へ勤務するということを臨む方へ、また事務的な仕事をずっと行っていきたいという方へおすすめなのが医療事務の資格です。
看護師、医師など医療関係者が働く病院にとって、医療事務は欠かせない存在です。

医療事務という資格は、正社員、パート、派遣社員など様々な雇用形態があり、就職しやすい、また復職しやすいという資格です。
一旦結婚や出産で職場を離れても、働ける時期が来たら資格を活かして働くことができるため、資格取得に励まれる方も少なくありません。

また、少子高齢化の日本はこの先、病院が多くなっていくと予想されます。
現代においても、病院の数はコンビニエンスストアの2倍ともいわれています。
病院は不況に関係ない場所ですし、安定した職場といえます。
結婚や出産を経験しても、この資格をその後、復職に活かすことができるのですから、取得しておいて損はない資格です。

年齢に左右されず働く時間も選べる

女性が多い職場なので、ほかの資格を活かした仕事と比較して、都合に合わせて様々な働き方ができるという魅力があります。
また事務仕事となりますので、それほどハードな仕事になりません。
若い人から年齢を重ねた方も働ける年齢に左右されない業務といえます。

病院に治療や検査等で来た患者さんに対応し、病院の顔となる業務です。
保険証をお預かりし、会計などに携わります。
カルテの生理を行ったり、診療費の計算を行いますが、患者さんにとっては病院へ行って最初に対応してくれる病院関係者となるため、非常に大切な役割を持っています。
病院としてもレセプトに関して専門的知識を持っている医療事務は欠かせない存在で、大きい規模の病院から、個人経営のクリニックまで、多様な雇用があることが大きな弥勒です。

医療事務の試験

医療事務の試験に受験資格はありません。
学歴なども関係ないので誰でも受験できます。

試験は毎年奇数月の第4土曜日、年6回実施されています。
在宅での受験も可能で、講座などを受けていると在宅試験の権利をもらえるので、在宅受験される方は講座などを受けている方が安心です。

試験は学科10問、マークシート式と、実技のレセプト作成と点検があります。
合格基準は学科で100点満点中70点以上を得点することと、実技1問について50%以上、全体で70%以上の結果を残すことが必要です。

費用は税込6700円となっていますが、変更されることもあるので、必ず医療事務試験を行う際に確認してください。
独学でも受験は可能ですが、できれば、専門的知識が必要となるので通信講座や学校に通うなど、専門的知識を勉強できるところで指導を受けた方がいいでしょう。

医療事務は一生の資格となります。
しっかり勉強して試験に挑みましょう。

Related posts